園長 フェイスブック始める!と「アナルプラグ」。

遅まきながらフェイスブックを始めました。60の手習いです。
周りの方と言っても孫のようなスタッフに頭をはたかれながら教えてもらっています。3回も同じことを言ってもらえば、なんとかわかるようになってきました。これをして思ったのですが、ビックリするよな方とつながるのですねえ。見覚えのある名前があがってきて、「アレ、同じ名前の方がいてるもんだなあ」と見てました。「しかし、この名前の方はそうはいないけどなあ」と、また字面をなぞってみます。そして、おそるおそる「友達では?」を開けてみます。そこには、昔の知っていたころの顔はなく、ただただつるっぱげの笑い顔が出ています。「なんだ、別人かあ」と残念なような、どこかホットしたような・・・・。しかし、どこかひっかるものがあり改めてみてみると、やはり今では賀状交換だけになっている友人です。こんな無残な姿になったかあ・・・・。賀状には、「また、会って呑みませう」なんて20年間ずーと書かれていましたが、来年の賀状もその文句になるのかなあ・・・。そんなことまで、思い浮かべました。

まだまだ、はじめたばかりで要領をえませんが。 友達のお願いが入りましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、これからが本題です。

排泄器具の勉強会を行いました。アピスパークの上にある研修室です。予想以上に多くの方が集まっていただき排泄への関心の高さがうかがえました。講師は、デンマークの会社の方ですが、典型的な日本人顔です。ここの商品で「アナルプラグ」という装具です。非常に特殊な装具なのですが、二分脊椎症の方で排泄のことで悩んでいる方には朗報になるかもわかりません。排泄機能が十分に発揮できず漏れなどで困っておられる方への装具です。

CPUCC_Peristeen_Anal_Plug_Descrip_004_389x250

簡単に言ましたら、漏れては困るとき、おしりに栓を詰め、必要がなくなれば取り出すというものです。最長12時間装着できます。 子供さんのプールのときなどに利用されておられる方も多いですよ。

プチ講座でした。