園長 ノルディックウォーキングIN寝屋川公園。

秋晴れに恵まれて寝屋川公園でノルディックウォーキング体験会を行いました。

えらいまた広い公園です。野球場が2面、陸上競技場、テニスコートなどなど。

園長も9時半集合にもかかわらず8時半に着きました。なんせ広い公園ですから参加者の方が迷われてもいけません。率先してJR寝屋川駅の近くで案内板を胸と背に着け、ノルディックポールを持って立ちました。青空がどんどん広がってきています。暑くなりそうです。何人かの方が姿をみつけ会場はどこでしょうかと声をかけてくれます。「立っていてよかったなあ・・・。」と隣の男前のスタッフとうなずきあいます。そ後、集合時間に近くなって、ひとりのご婦人が、小さな紙切れを片手に小走りに公園に近づいてこられます。「あれ、うちの参加者さんじゃあないかなあ・・・」「あの紙は、申込み用紙と思いますよ」と男前スタッフ。精一杯のあいそ(^_^)/とあいさつの準備をして待ちました。しかし、いっこうにそのご婦人は近づいてこられません。紙片を握りしめてキョロキョロしながら公園入口に消えて行かれました。ポツンと立ってそのうしろ姿を無言で見送ります。どうやら不審者と間違われたようです。どっちが不審者と思われたのか、男前スタッフとののしりあいます。時間となってわれわれも集合場所へ行きました。そこには、さきほど紙片をもってキョロキョロされていたご婦人がおられました。

風もなく陽は照って総勢30名ほどの参加です。園長があいさつをします。案内立で不審者に間違われたようですと、軽い笑いをさそっています。インストラクターの先生のあいさつと準備運動、歩き方講習を30分。もう汗が出て来てます。背筋を伸ばし、目線を高く、ポールはうしろに投げ捨てるように。皆さん、真剣に学んでおられます。ここの公園は歩道がレンガ敷きと言うのか、石畳みのようになっています。ようく整備されています。参加者さんのお一人に、骨折後ボルトが入っている70歳の女性がおられます。自前のポールをお持ちです。この体験会への参加を強く望まれていました。講習では先頭で歩かれています。その一生懸命な後姿にじーんとくるものがあります。皆さん、歩き方をマスターされて水分補給、トイレ休憩をしていただきスタートです。

石畳の歩道は、道幅も広くすれ違う人もおりません。安全に問題なし、どんぐりが至るところに落ちています。先生が、まわりの景色も愉しみながらと言われています。なるほどどんぐりばかりを見ていてはいけません。ボルトの入った70歳の方は自身のペースを保ちながらゆっくりと、。そこにはもう一人のインストラクター(ウミガメのようなやさしい先生)が着いていっしょに歩かれています。

あっという間に1番目の休憩ポイントに到着です。ここではクイズが用意されていました。きれいな薬剤師の方が前に出て「病気の名前で実際にある病名を当ててください」と問題をだされています。

参加者の男性から、「当たったら何かもらえるのですか?」と聞いてきました。「園長が、さんざんほめてくれ尚且つ抱擁をします」で納得されました。

一服後、スタートです。坂道がつづく道となります。みなさん健脚でスタスタ歩かれています。最高のお天気です。

ボルトの70歳の女性とウミガメ先生は別コースをご自身のペースで歩かれています。

背筋をのばし、目線をあげて、ポールはうしろへ投げ捨てるように・・・。気持ちのよい散策は続きます。途中バーベキュ―の広場をとおります。

次回は、「バーベキュー班を別につくり、そこをゴールにして昼めしを兼ねたらどうでしょうか」という提案が参加者の中ででました。「それ面白いわ」女性。「アルコールがダメだ」と腕捲りして注射時のアルコール綿をふき取った後を見せる男性。肉の焼けるこおばしい臭いは、皆さんを愉しませてくれます。

そして、ここちよい汗をかきながら出発地点へと戻ってきました。

そこで整理運動とクイズです。「糖質が一番多い食品は?」問題がでました。参加者全員が答えをだしています。終えて先のクイズで質問のあった男性を園長が、さんざん褒めて抱擁しています。

失笑がもれて参加者さんにはご褒美がでました。さわやかな汗と笑顔でたのしいノルディック体験会でした。

この体験会にはネットを見て京都からの方もおられました。

ボランティアネットコルは、ポールをもってどこへでも出張しますよ。

 

~ボランティアネットコルは、北摂・茨木・寝屋川の健康と福祉を応援しています~