園長 大阪城ノルディックウォーキングに参加する。

 

一度、雨で流れたのですが、今回は快晴に恵まれてノルディックウォーキングに参加しました。大阪城は、今をさること40年前彼女と別れて以来です。行くときは、いっしょに意気揚揚と来て、帰りは別々の電車で泣きながら帰っていきました。なんともほろ苦い場所です。当時天守閣は黒かったのではなかったかなあ・・・・。今は、白色に化粧されています。

9時30分に大阪城公園駅を降りてすぐの広場に集合です。当時は、こんな駅はなっかたなあ・・・。便利になってものですね。陽が照っておりこれから暑くなる予感がします。園長は、薄手のウインドブレーカーを羽織って皆さんの集合を待ちます。神戸からこられた方、千里中央からこられたご夫妻など遠方からの参加の方もおられます。

インストラクターは、いつもの理学療法士の先生です。ここから天守閣を目指して3キロほどウォーキングします。総勢30名ほどの団体です。子どもさんも2名参加と嬉しい限りです。

準備体操から、5列になってのウォーキングの練習を30分ほど行います。ここでスタッフや参加者さんとの融合を図ります。「日和りになってよかったですね・・」談笑が始まります。

ミズノのウォーキングに通っている方が、「基本からを教えてくれるので良かった」と笑顔がはじけています。子どもさんもお父さんのソバで、ポールをもってはしゃいでいます。

そしてスタート。園長も列の半ばで、千里から来られたご婦人といっしょになりました。ここへ来るのは、修学旅行以来ですと言われます。「地下鉄に乗せてあげる」と言われて喜んでいたが、「歩かされたわ」と当時を思いだされて憤慨されています。果たして何十年前のことなんでしょう・・・・。察するに地下鉄が出来て珍しい頃のことと思えます。こちらのご婦人は何歳なのか? まじまじとお顔を拝見します。そんなにお年を召していないようのですが・・・。園長かつがれているのでしょうか?今もってさだかではありません。そののち、リタイヤされて園芸に興味をお持ちの男性とごいっしょします。健康のため、奥様からノルディックポールをプレゼントされ、ピンク色のポールを持っての参加です。陽が高くあがってます。園長も半袖になって公園内をウォーキングします。歩道は。すごい人ごみになってきてます。海外の観光客や子供連れの方、羨ましくもアベックの方・・・。わが隊列も長く伸びていきています。やっと調子が出たころ、お堀のそばで休息です。一般の観光客もおられる中で、薬剤師の方から水分の取り方などクイズを出していただきました。そばで一服していた家族づれが「勉強になったわ」と嬉しそうに言ってくれました。その方々に見送られ、天守閣目指してウォーキング再開です。同じようなポールを持たれた方の姿も見えます。人ごみのなかを縫うようなウォーキングとなってます。天守閣前の広場で、離散していたメンバーも集まってきました。だいぶ時間が押しています。ここでまた薬剤師の方のクイズ。「大阪城は、だれの持ち物か?」。なんにも健康とは関係がありません。そのことを突っ込まれつつ、クイズは進みます。答え「大阪市」と正解を発表。その根拠は?と尋ねられますが、そこまでの掘り下げはなくても、一同はにこやかに笑顔で歩きだします。

天守閣を半周して下山というか出発地点を目指して、自分のペースで談笑しながらウォーキングです。隊列は、乱れに乱れ周囲を見渡してもわが隊のメンバーを見つけられないくらいです。12時過ぎ、出発地点に集合。みなさん誰ひとりの落伍者もです、なごやかに整理運動です。

「よかったわ。月1回してくださいよ。」「面白かったわ」。最後にクイズの褒美をもらって更に笑顔がほころびます。

インストラクターの先生に、「体が前のめりになって歩きだすのですが、どうしたらようでしょうか?」とお尋ねがありました。丁寧にこのように、こころがけて普段お過ごしくださいとアドバイスをされていました。

コルノルディックは、初めて参加される方を大切にノルディック体験会を行っています。

ぜひ参加してみたいと思っている方は、遠慮なく事務局までお尋ねください。

ボランティアネットコル事務局 072-620-0909

 

~ボランティアネットコルは、茨木・高槻・北摂の健康と福祉・ライフケアショップを応援しています~