園長 ロコモする。

今回は、ロコモの話しです。ロコモって知ってますか?

園長は、とうもろこしのバッタモンかと思っていました。しかし何度も聞き直すうち健康に関係するものとわかりました。

茨木市高齢者の会のお誘いで谷川記念病院の「健康づくり応援の講演会」に参加しました。

きれいで美しい理学療法士さんが講師です。はじまる前からそれだけでわくわくします。会場は、妙齢をややすぎた方々で超満員です。

ロコモシンドロームの説明をうけます。皆、神妙な顔つきです。園長は、一番うしろの席なので顔はわかりませんが、なぜかそう思いました。

まず椅子からの立ち上がりをやってみます。両足での立ち上がりは難なくできました。では片足で・・・。これがふらつきます。右足はOK。左足は膝に力が入りません。抜けるような感じです。ああ~、やっぱりか、わかっていながらも眉毛が下がります。園長は、左ひざが痛いのです。

その後、ロコトレに移っていきます。肩を大きく回していきます。このとき姿勢が大事なのですねえ・・・。このあたりから講師の先生の術中にここちよくはまって行くのを感じます。 ポイントは、①良い姿勢で行う ②低回数、高頻度 ③疲れる寸前でやめる ④効果を確認する。

なるほど、長続きして効果がでるには、この4つのポイントが大事なのです。3日坊主には耳が痛いです・・・。

その後、背伸びや腕上げ、深呼吸などの健康リズム体操。その後、身体を使っての脳トレです。

脳トレでは、まごつく方もおられ、やさしく先生から「あれ~」と注意を促されたりしてます。軽い緊張がはしります。

きっちり1時間、ご指導をいただきその後は個別相談にものっていただきました。

参加者は、満たされたよろこびの表情でお礼を言われていました。

 

 

 

茨木・高槻、他北摂地域に住む人の健康を応援する

ボランティアネットコル

 

 

 


2 Comments

  1. 匿名

    NPO法人茨木高齢者の会主催の「健康づくり応援講演会」の内容を写真も使って掲載いただきありがとうございます。第2回目の講演会は、谷川記念病院の協力で4月19日(水)の13:30~病院4階リハビリテーションルームをお借りして開催します。講師は前回に続いて理学療法士の小西彩香先生にお話していただく予定です。園長先生ゴメンなさい、宣伝してしまいました。宣伝ついでにもう一つ、茨木市の「広報いばらき}3月号の29ページに、NPO法人茨木高齢者の会の活動内容が掲載されました。機会あればご覧下さい。
     MY

  2. 匿名

    これからも、ごいっしょ。よろしくお願いいたします。
    谷川記念病院さんのスタッフも熱くて親切なかたばかりでした。お会いできて良かったです。

Comments are closed.